戯言の垂れ流し

身勝手の言い訳

LJL 2019 Spring Split 順位予想

題名通り.

既に他の方々が執筆しているとは思いますが,折り返しとなるWeek5までの順位を予想したいと思います.

また,本順位予想についてはあくまで,去年末までにおける各プレイヤー,およびチームの印象や結果に基づいて順位を予想しています。

 

8位 AXIZ

 TOP  / uinyan

JUNGLE / iSeNN

MID / Gariaru    

ADC / NoA,Day1

SUPPORT / ThintoN

 

今シーズンからの新規参入チームで,現時点で全員日本人であるということが特色.

勿論,日本サーバー基準で見れば上位の日本人プレイヤーが集まっていることには違いないが,LJLというプロの世界で勝ち抜いていくには少し物足りなく感じる.

JGLのiSeNNは元RJ,HKTであり,アジアオリンピックの日本代表選考委員会から選抜される程の評価を得ているが,他チームのJGLはアグレッシブなプレイヤーが多く,各レーナーが1vs1(もしくは2vs2)で差を付けられてしまうと,彼の強みを生かしきれない可能性がある.

また,1/8に「LJL参加選手全員での初めての顔合わせ」を行ったことを考えると,準備までの期間があまりにも短すぎる気が.

 

7位 Sengoku Gaming

TOP / Reiya

JUNGLE / Smile

MID / Taka

ADC / OdduGi

SUPPORT / Raina

 

こちらも今シーズンからの新規参入チーム.

LJL1部の出場経験があるプレイヤーが二人しかいないが,AXIZに比べると地盤だけは固まっているように感じる.

基本的にはMID,もしくはBOTから試合を作ることを視野に入れていると推測されるが,既存のLJL1部のチームに勝てるかは非常に難しいと見受けられる.

ただ,過去にLJLCSで無双していたReverseを引っ張ってきたチームのスカウト力を信じていきたいところではある.

 

6位 Rascal Jester

TOP / alleycat

JUNGLE / WyverN

MID / Hollis

ADC / scottlyk

SUPPORT / Yuki

 

昨年春に2部へ落ちてしまったものの,ファンを良い意味で裏切って1部に復帰してきた.

メンバー的には新旧RJ+Hollisという組み合わせではあるが,WyverNとHollisのプレイスタイルが共にアグレッシブであることからMID/JGL間で試合を作っていくように見受けられる.

ただ,WyverNに関しては昨シーズンからそうだが,Weekが進んでいくごとに徹底的にヘイトをもらい,潰されてしまっている印象があるため,いかにレーナーがWyvernのヘイトを軽減させられるかが鍵になるだろう.

また,BO1であることからalleycatのポケットピックにも注目していきたい.

 

5位 Crest Gaming Act

TOP / Nap,atyamomo

JUNGLE / hachamecha

MID / Luna,Alps

ADC / Art

SUPPORT / Grendel

 

昨シーズン6位のチームではあるが,PSで2部チームとの格の違いは見せ付けたといっても過言ではない.

今シーズンのメインメンバーはTOP/JGL以外変更という形にはなっているものの,昨シーズンとは違い,新規で加入したArtのパフォーマンスが良ければ,BOTサイドからゲームプランを組み立てていくことも可能になるため,注目していきたい.

懸念点としては競技シーンから暫く離れていたSUPのGrendel(as Alchemy)が(SGを除く)1部で多くの経験を積んでいるSUPと同等以上に戦っていけるかだろう.

 

4位 Unsold Stuff Gaming

TOP / apaMEN,Arumik

JUNGLE / Tussle

MID / Dasher

ADC / Keymaker

SUPPORT / Enty

 

昨シーズンファイナルまで進んだ古参チーム.

今シーズンはMID/ADCを入れ替えるという形にはなったものの,チームとしての基盤はある程度固まっていると思われる.

2016,2017夏を除けば基本的には上位3チームに入ってはいるものの,今シーズンは後述する残り3チームのメンバーが個々の実力で上回っているように見受けられ,昨シーズンまでの戦術としてはGangoを中心に組み立てている試合が多かったことから,今シーズンはどうしても新しい勝ちパターンを作っていかなければならない.

勿論,apaMENのポケットピックからTOPで有利を築いて勝利する試合もあったが,それに関しては,入念に準備を進めた上での成功だと思っているので,BO1であるということ,また1日の間に複数チームとの対戦があることから,自信を持ってその戦略を起用できるかが鍵になるだろう.

 

3位 V3 Esports

TOP / Paz,RayFarky

JUNGLE / Neo

MID / Ace,Recap

ADC / Zerost

SUPPORT / viviD

 

昨シーズンは5位だったものの,メインメンバーは総入れ替えとなった.

どこか初期USGのコンセプトを引き継いだように見受けられるプレイヤーが揃ってはいるが,個々の実力に関してはLJLで十二分に戦っていけるだろう.

また,BO1であること,そして実力は近いものの,プレイスタイルが異なる日本人MIDを二人採用していることから,MIDのAce/Recapどちらが出場するかによってゲームプランも大きく変えてくるのではないかと思われる.

Aceの場合は,MIDを勝たせた上で,サイドレーンに圧力をかけていくキャリースタイル,Recapの場合はTOP/JGL/ADCの誰かを主軸として自身がサポート的な役割に回るスタイル,といった感じだ.

ただ,3位予想にしたものの,少し気にかかるのがそれぞれのプレイヤーが一度不利を背負った際に立て直しきれていないシーンが過去に多く散見されたことだろう.

このウィークポイントさえ潰せていれば2位まで期待できますし,そこが浮き彫りになれば5位,ないしは6位まで落ちてもおかしくないと思います.

 

2位 Burning Core

TOP / Cogcog

JUNGLE / Once,Wilder

MID / Roki,Broooock

ADC / Yutorimoyashi

SUPPORT / Mocha

 

個人的には一番の補強に成功したチームだと思っている.

基盤となるメンバーは続投,昨シーズンの他チームと比べてウィークポイントとなっていたTOP/ADCを実力派であるCogcog,Yutorimoyashiに入れ替えたと考えれば当然ではあるが.

また,各々が前述したチームのプレイヤーと同等,もしくはそれ以上の実力を備えており,個人的には唯一DFMに黒星を付けてくれるのではないかと期待している.

ただ,巷でも言われているのが,LJLページを見る限りでは初戦のJGLがOnceであるということ.

昨シーズンでは良くも悪くもWilderが積極的に仕掛けたことにより,各レーンの負担を減らしていくゲームプランがほとんどだったため,今シーズンも同じようにやっていけば各レーナーが有利を築いてくれると思っていた.

だが,昨シーズンのプレイを見ている限りではどうしてもOnceが同じような役割を担えるようには思えず,Willderと差別化できるようなプレイスタイルをオフシーズン中に見出しているとも言い切れないため,正直なところ一番の不安要素ではある.

また,昨シーズンのPGM同様,いわゆる"ミス待ち"を行っているだけでは上位をキープすることが難しいということだけは言っておく.

 

1位 DetonatioN FocusMe

TOP / Evi

JUNGLE / Steal

MID / Ceros,Ramune

ADC / Yutapon

SUPPORT / Gaeng

 

多分,今シーズンのLJLを視聴する予定の方は満場一致で1位予想にしていることでしょう.

また,彼ら自身もサブにRamuneを加入させたことから,LJL優勝はあくまで通過点に過ぎないでしょう.

というのも,WCSのEDG戦ではCerosの独特なチャンピオンプールを逆手に利用され,負けてしまったようにも見受けられる.

そのため,ある意味正統派?のチャンピオンプールで,かつ日本人のMIDでは上位に挙げられるRamuneを引っ張ってきたのだろう.

個々の実力,特にEviに関しては,チャンピオンプールの幅の広さや,実力を考えると現状は右に並ぶものがいないような感じがする.

ただ,昨シーズンでは対面のポケットピックにやや苦戦しているようにも見えたため,今シーズンはそれらにも柔軟に対応できれば問題ないだろう.

 

総評

 

順位予想はしたものの,8位~6位,5位~2位間での実力差はそこまで大きくなく,チームや個々の完成度によって十分順位は覆るように思える.

また,他リージョンの大会を見ていても,チャンピオンプールが広いと,フレックスピックやポケットピックを行いやすくなり,BO1ではBAN/PICKを有利に進めることで意外な勝ち星を獲得する可能性も十二分に有り得るので,各プレイヤーのチャンピオンプールの広さにも注目していきたい.

そして,本記事が「折り返しとなるWeek5までの順位を予想」した理由としては,現状チームが決まっていない実力派プレイヤーが多々いることを考えると,各チームの結果が良くない時に臨時で加入する場合があるということ,現在のメタと大きく変化する可能性を見越しているからです.

ただ,筆者は面倒臭がりなので,Week5以降に再度順位予想の記事を上げることは多分ないと思われます.